MENU

いちご鼻の原因

いちご鼻の毛穴汚れの原因は、意外と色々あります。
毛穴が汚れるのは、皮脂と古い角質が混ざってできる角栓が原因です。

 

毛穴汚れの角栓ができるのは、
過剰な皮脂分泌と化粧や汚れの落とし漏れが主な原因になります。

 

いちご鼻の毛穴の汚れは、皮脂の過剰な分泌が大きく影響しています。

 

皮脂が過剰に分泌されやすい肌質の人は、
どうしても毛穴に汚れが溜まりやすくなります。

 

化粧や汚れの落とし漏れも、いちご鼻の毛穴汚れの大きな原因になります。

 

クレンジングや洗顔が落としきれないと、汚れが残り、
肌表面の皮脂と混ざり合って、角栓の材料になってしまいます。

 

クレンジングや洗顔を毎日しても、使用量が少なすぎたり、
すすぎきれていないと毛穴汚れの原因になるので、十分に注意しないといけません。

 

肌の老化も毛穴の汚れの原因になります。
老化が進むとどうしても毛穴のトラブルが増えます。

 

毛穴は普段はぴったりと引き締まっているのが普通で、通常は目立つことはありません。
しかし加齢とともに、毛穴が目立ってくると、汚れがつきやすくなります。

 

若い時なら新陳代謝(ターンオーバー)が活発なので、
古い角質とともに汚れもうまく排出することができます。

 

しかし老化で新陳代謝(ターンオーバー)がうまく行われなくなると、
汚れがそのまま毛穴に張り付き、汚れが目立ちます。

 

いちご鼻を洗顔で治す方法(改善・解消)

 

基本的にいちご鼻の治し方は、ニキビを治す方法と同じです。

 

鼻は元々皮脂が多く溜まりやすい場所です。
毛穴が詰まってニキビへと移行していく場合が多いのです。

 

つまりいちご鼻の治し方は、洗顔を行うということに尽きます。
これは予防をする場合も同じとなります。

 

「ぬるま湯でゴシゴシとこするのではなく、
たっぷりと泡だってた洗顔石鹸で包み込むように洗い流す」

 

ということがポイントとなります。

 

もちろん洗い残しがないようにキレイに洗い流すことが重要となります。
洗顔後は化粧水で保湿を忘れずに行いましょう。

 

この洗顔に加えて重要なポイントとなるのは、
「生活習慣をの乱れを改善・解消させる」ことです。

 

睡眠不足やストレスを溜め込まないといことと、
偏った食生活を行わないというようなことも大きなポイントとなるのです。

 

生活習慣の乱れは、
ホルモンバランスを崩してしまう原因となります。

 

いくら洗顔を正しく保湿をしっかりと行っていても、
生活習慣が乱れっぱなしでは良くなるものも良くなりません。

 

いちご鼻を改善・解消するためには、
できる限り入浴時や就寝する前に、洗顔をしたほうがよいでしょう。

 

夜に顔を洗ったほうがいちご鼻の改善・解消にいい理由として、
日中についてしまった皮脂や汗やほこりやメイクなどの汚れを、
しっかりと洗い落とす必要があるからなんです。

 

「外に出てないし、メイクもしていないから洗顔しなくてもいいや」と思うかもしれませんが、
外出していなくても、ずっと室内にいても皮脂は分泌されます。

 

もちろん汗もかきますし、ほこりや菌などもついてしまうんです。
そういったものの積み重ねが、いちご鼻の改善・解消の妨げになるのです。

 

なので夜には、日中のたまった汚れなどをきれいに洗い落とすために、
洗顔しておく必要があるのです。

 

そして、入浴時や就寝する前に顔を洗う理由としては、
ターンオーバーを正常化するということがあげられます。

 

夜の就寝前に洗顔を行わないと汚いままですし、
汚れがついたまま睡眠してしまうことになります。

 

そうなると毛穴もつまりますし、老化のスピードがあがってしまいます。
お肌のトラブルもたくさん起きるようになってしまいます。

 

いちご鼻の改善・解消のために、洗顔を夜にしなければいけないのには、
きちんとした理由があったんですね。

 

そしてまたいちご鼻を改善・解消するためには、間違った洗顔の仕方ではなく、
正しい方法で行うことも大切なことなのです。

 

いちご鼻の毛穴の開きというのは、やっかいです。顔の中でも際立って目立つ部位だからです。また毛穴トラブルが発生しやすい箇所なので、いつの間にかニキビや黒ずみ、ブツブツの角栓ができてしまいます。いちご鼻の毛穴は、皮脂腺の割合が多いので、毛穴の開きのトラブルが起きやすい特徴があります。そのため、正しいスキンケアでいちご鼻の毛穴の開きを治す必要があります。きちんとしたスキンケアをすれば、いちご鼻の毛穴の開きを治すことができます。いちご鼻の毛穴の開きの正しい対処法で大事なことは、洗顔と保湿です。正しく洗顔して肌の清潔を保ち、保湿することで肌を保護するのです。洗顔する時は、洗顔料や石鹸は十分に泡立て、指先や手のひらと肌の間で優しく泡を留めるようにして、泡の力で丁寧に洗うようにします。朝は洗顔料か石鹸、あるいはぬるま湯だけで軽くし、夜は洗顔の前にクレンジングでしっかりとメイクを落とすようにします。保湿に関しては、朝、夕の洗顔後、すぐにすることです。その際、化粧水、美容液、乳液、クリームの順を守るようにし、化粧水や美容液はケチらずにたっぷりと使うのがポイントです。

 

また開いたいちご鼻の毛穴をキュッと引き締めるには、どのような方法が効果的なのかというと、収れん化粧水が手っ取り早くておすすめできます。これなら速効でケアできます。収れん化粧水には、瞬時にいちご鼻の毛穴を引き締める効果があり、同時に、肌を潤してキメを整えてくれます。スキンケアにこれをプラスすれば、いちご鼻の毛穴の引き締めに役立ちます。化粧水と乳液の後に使用するとよく、肌のキメを整え、皮脂が流れ出るのを抑えてくれます。化粧水と乳液で充分に潤いが満たされた肌に使用するとよく、開いたいちご鼻の毛穴をキュッと引き締めてくれます。収れん化粧水を使用する時は、手のひらに乗せてパシャパシャとつけても良いのですが、コットンに含んで優しく細かくパッティングしたほうが効果的です。いちご鼻の毛穴を引き締めたいなら、ケチらずにコットンに、たっぷりと浸すことです。手首を使ってリズミカルにパッティングするとよく、毛穴の開きが気になる箇所には、入念に行います。いちご鼻の毛穴をキュッと引き締めるには、生活習慣も改善する必要があります。毛穴そのものの機能を改善したほうが効果的だからです。体内の循環を改善し、代謝を良くしてやることが大事です。規則正しい食生活をし、こまめな水分補給をして、適度に身体を動かすことです。

 

いちご鼻の洗顔料の選び方

 

まず洗顔というのは、肌を手入れする最初の重要なステップです。
このことをしっかり認識する必要があります。

 

洗顔なくして、いくら高価な美容液を使っても意味がありません。
まずは洗顔で、いちご鼻の毛穴汚れや古い角質を除去しないといけません。

 

洗顔は、肌に蓄積した汗やホコリ、古い角質などを取り除くための大事な作業になります。
そうするとこではじめて、化粧水や乳液、美容液などを浸透させることができるのです。

 

メイクをしなかった日でも肌は汚れているものです。
皮脂汚れは水だけでは落とせないので、しっかり洗顔する必要があります。

 

いちご鼻を治すには、洗顔料を正しく選ばないといけません。

 

いちご鼻の洗顔料には、石鹸成分のものと合成界面活性剤を使ったものがありますが、
自分にとって肌に合う刺激の少ない種類のタイプを選ぶことが大切です。

 

界面活性剤は、肌にあまりよくありませんが、
メイクや皮脂を水となじませ洗い流すには必要な成分です。

 

そのため、界面活性剤が入っている洗顔料は絶対ダメ、ということにはなりません。
入っている量や質に注意を払うべきで、少量しか配合されていないものがおすすめです。

 

いちご鼻の洗顔料選びで、やってしまいがちな間違い!

 

いちご鼻を改善・解消するためには、洗顔料選びはとっても大切です。

 

基本的には毎日するものですから、
十分に気をつけていちご鼻の洗顔料を選びたいものですね。

 

ですが気を付けて選んでいるつもりでも、
やってしまいがちな間違いというものがあるんです。

 

間違わずに、自分のお肌に適したモノを選んで洗顔を行いましょう。

 

どういった点に気を付けるべきかと言いますと、
基本的に「洗顔フォーム」と言われるものはお勧めできません。

 

いちご鼻を改善・解消するためには、
洗顔フォームではなくて、洗顔石鹸と言われるものをお勧めします。

 

というのも、市販の洗顔フォームの多くには、
合成界面活性剤という強力な洗浄成分が含まれているんです。

 

なのでお肌へ与える負担が大きいんですね。
そのため使用することによって、お肌にダメージが蓄積されて行ってしまうんです。

 

そうなると、ますますいちご鼻を改善・解消するのが難しくなってしまいます。

 

そしてまた、洗顔料で【しっとりタイプ】などと書かれている製品を選んではいませんか?
実はこれも間違いなのです。

 

合成界面活性剤で角質そのものまでも落とした上に、
保湿成分を無理やり押し込んでいるのです。

 

一見お肌にうるおいを与えているようにみえるかもしれませんが、
それはお肌には悪いものになるんですね。

 

なので、いちご鼻を改善・解消したいのなら、
「洗顔フォーム」と呼ばれるものを使用するのは間違いです。

 

 

その他いちご鼻の原因1:乾燥

乾燥は、肌トラブルや老化現象を引き起こす元になるので、十分に気をつけないといけません。乾燥は、肌の老化を促進させる大きな原因のひとつつです。肌がカサつくと、化粧ノリも悪くなります。シワやシミができやすくなり、毛穴が開いていちご鼻の原因になるなど、乾燥は様々な肌トラブルと密接につながっています。肌が乾燥するのは、保湿力が低下しているからです。化粧水をたっぷりつけているのに乾燥する人は、化粧水をつけた後、美容液、乳液、オイル、クリームなどで、水分が飛ばないようにフタをしてやる必要があります。乾燥しやすい人は、クレンジングや洗顔にも注意が必要です。洗浄力の強い洗顔料は、汚れを落とすだけでなく、皮脂まで奪って乾燥を招く恐れがあります。乾燥肌の人は、刺激の少ない適度な洗浄力の洗顔料を選ぶことが大事で、しっかりぬるま湯ですすぐことです。洗顔後は、すぐに保湿することも忘れてはいけません。乾燥すると老化を招くので、水分をしっかり補ってやる必要があります。水分が十分で潤いのある肌は、バリア機能が正常に働くので、ターンオーバーも正常化します。理想的な肌を作るためには、乾燥をしっかり防ぐことです。

 

その他いちご鼻の原因2:ストレス

ストレスとお肌の関係は、非常に深い結びつきがあります。ストレスが溜まると、肌に色々な症状が出てきます。ストレスのせいでお肌がボロボロになってしまう人もいます。ストレスには、外的なものと内的なものがあります。外的ストレスには、紫外線(UV)や空気の乾燥、摩擦などの刺激があります。紫外線(UV)などの外的ストレスを受けると、活性酸素を発生させることになります。内的ストレスでも、血流障害が起こるので、活性酸素が発生します。内的ストレスには、食生活の乱れや睡眠不足などがあり、人間関係の疲れからくる精神的ストレスもあります。ストレスがなぜ肌に悪いのかというと、活性酸素が細胞を酸化させるからです。酸化すると老化が加速し、細胞は炎症を引き起こします。ストレスは体内に大量の活性酸素を発生させるので、いちご鼻などの様々な肌トラブルを生むことになるのです。ストレスが肌に悪いのは、ホルモンバランスの乱れも関係しています。ストレスが溜まると、ホルモンバランスにも悪影響を与えます。ストレスを受けると、からだはそれに対応しようとして、ストレスホルモンや副腎皮質ホルモン、男性ホルモンを分泌します。そうなると皮脂の分泌が過剰になるので、いちご鼻の原因になります。

 

その他いちご鼻の原因3:食生活の乱れ

いちご鼻になりやすい原因として食生活がありますが、よく知られているにはカフェイン摂取や過剰なアルコールの摂取、喫煙もお肌に悪影響を出します。紅茶やコーヒーなどのカフェインはお肌の新陳代謝(ターンオーバー)を乱す原因になっており、この他にも過剰な皮脂の分泌を起こす糖類や炭水化物も良くないとされています。ただ糖類や炭水化物はからだに必要な栄養分ということから、1日必要な分量のみ摂取すれば全体的なバランスも含めて許容範囲とされていますが、糖類や炭水化物の中には急速に血糖値が上がりやすいブドウ糖や白米などの食材もありますので、食事をする時には食材選びに注意が必要です。そして栄養が偏ってしますと、いちご鼻ができてしまうことがありますので、たんぱく質やビタミン不足にならないようにしましょう。最近は健康面でも注目されているオメガ3系脂肪酸を不足しますと、皮膚の再生能力が不足してお肌のサイクルが乱れたり、保湿力の低下によっていちご鼻ができやすい環境となってしまいます。そして若い年齢ほどジャンクフードや油ものを好む傾向がありますが、皮脂の分泌が多くなってしまうのでたまに楽しむ程度で抑えておきましょう。

 

その他いちご鼻の原因4:血行不良

血行不良はいちご鼻の原因になるので、十分に注意しないといけません。毎日、ちゃんとスキンケアをしていても、なかなかいちご鼻が改善・解消しない人がます。そうした人は、血行不良が原因である可能性が高いです。血行不良というのは、体調を崩すだけでなく、肌にも影響を及ぼします。血液が流れる血管は、全身に張り巡らされていて、休むことなく栄養を運んでいます。血行不良になると、栄養が十分に運ばれなくなり、様々な不調を引き起こすことになります。血行不良が起こる原因で大きいのは、運動不足です。適度な筋力がないと、人は全身に血液を送り出すことができなくなります。日々デスクワークで長時間労働している人は、血のめぐりが悪くなり、血液がドロドロになりやすいので注意が必要です。不規則で偏った食生活も血行不良の原因になります。脂質を摂りすぎると血液がドロドロになってしまいます。自律神経を乱れさせるストレスも、血行不良の原因で、自律神経の働きがおかしくなると、血のめぐりが悪くなります。血行不良が肌に悪いのは、栄養が必要なところへ十分に行き渡らないだけでなく、新陳代謝(ターンオーバー)が悪くなるからです。肌の新陳代謝(ターンオーバー)が上手くいかなくなると、シミ、シワ、くすみ、吹き出物、いちご鼻などの原因になります。

 

その他いちご鼻の原因5:睡眠不足

睡眠不足というのは、美肌づくりを邪魔するので、日々、しっかりと睡眠を取る必要があります。睡眠不足が美肌の大敵と言われるのは、ちゃんとした理由があります。眠っている間に成長ホルモンが分泌され、からだや肌の傷んだところを修復してくれるからです。睡眠不足で成長ホルモンの分泌量が減ると、いちご鼻などの肌トラブルに見舞われる可能性が高くなります。実際、睡眠不足になると、肌の不調が起こります。睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が滞ると、代謝が悪くなります。細胞の結合が弱くなるので、からだが上手く機能しなくなります。肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れ、古い角質が残りやすくなるので、くすみ、シワ、シミ、乾燥、いちご鼻などの肌トラブルが出てきます。睡眠不足になると、血流が悪くなるので、目の下のクマが顕著になります。眠り始めの最初の3時間が大事で、最初の3時間に成長ホルモンが多く分泌されるので、いかに眠り始めの質を高めるかが美肌づくりのカギを握ります。質のよい睡眠をとるには、食事は寝る3時間前までに済ませ、風呂はぬるめのお湯で1時間前までには済ませておくことです。寝る1時間くらい前から部屋の照明を落とし、からだをリラックスモードにしておくと熟睡しやすいです。

 

その他いちご鼻の原因6:内臓の不調

いちご鼻になってしまうのは、内臓の不調が原因となっているケースがあります。たとえば「口の周りににきびがよくできる人は、胃腸の調子が悪い」と言われていますが、その原因には「食べ過ぎ」や「飲み過ぎ」があります。いちご鼻も、栄養バランスの乱れや繊維類の不足による便秘などが関係していて、食生活に原因があることが多いと指摘されています。現代人の食生活は欧米化しつつあり、動物性脂肪中心の食生活になっています。そのことで腸内細菌の善玉菌が減少していて、腸をとりまく環境は悪化しています。また忙しい現代人は、食事を抜くことも多く、そうすると身体は2食分の栄養をとろうとすることになり、胃腸に負担を強いることになります。いちご鼻の原因にはストレスもありますが、ストレスを受けると胃腸の働きが悪くなります。このようにいちご鼻になるのは、内臓の不調が原因のひとつになっています。昔から、肌は内臓の鏡と言われています。胃腸の働きが鈍ると、老廃物が体内に蓄積されることになります。そうすると血液が濁り、皮脂詰まりを起こすことになります。胃腸の不調はそのまま肌に現れ、いちご鼻の原因になります。

 

その他いちご鼻の原因7:活性酸素

からだをサビつかせるのが活性酸素なので、活性酸素除去に努めないといけません。人間の肌は酸化により、徐々にサビていきます。サビの原因となるのが活性酵素で、酸化させる作用があります。人は常に酸素を体内に取り入れているので、生きている限り、酸化がつきまといます。酸化すると細胞がもろくなるので、からだをサビつかせ、悪影響を及ぼすことになります。活性酸素は、酸化しやすく不安定な状態の酸素です。他の物質とくっつくことで、強い酸化力を表します。酸化した細胞は、肌にも影響を及ぼし、肌の新陳代謝(ターンオーバー)がうまくいかなくなったりします。活性酸素は、いろんな面で肌に悪影響を与え、肌の老化を促進させます。活性酸素は、免疫力を維持するために必要なものなので、絶対悪ではありません。しかし、その量が多くなると害になります。必要以上の過剰な活性酸素は、肌のサビにつながります。タバコの煙には活性酸素が含まれていて、喫煙をすると活性酸素を過剰に発生させることになります。ストレスも活性酸素の原因になります。ストレスを受けると過剰にホルモンを分泌することになり、それを分解するために活性酸素が発生します。からだをサビつかせる活性酸素を防ぐには、規則正しい生活習慣が大事です。

 

その他いちご鼻の原因8:紫外線(UV)

紫外線(UV)というと、肌老化を招く大敵で、いちご鼻の原因にもなります。女性なら、紫外線(UV)がいかに肌に悪いかは熟知しているはずです。紫外線(UV)が人体に与える影響は甚大です。ただ、紫外線(UV)は人間にとって必要なもので、生体リズムを整えたり、神経や筋肉の緊張を緩和する働きがあります。人の体内でビタミンDを生成するのに役立つのも紫外線(UV)で、一日15分程度の日光浴は良いとされています。しかし紫外線(UV)は、肌に対する影響力が強く、肌荒れやシミ、肌老化を促進させます。つまり、回り回っていちご鼻の原因にもなるのです。また免疫力の低下や、皮膚がんを誘発するリスクもあります。実際、紫外線(UV)にはマイナスの影響が強いので、良いイメージはありません。肌の老化を促す原因の約9割が紫外線(UV)と言われていて、いかに肌に悪いかがわかります。肌老化は、紫外線(UV)と深く関係していて、コラーゲンやエラスチン繊維を生成する繊維芽細胞が傷つけられることで、肌のハリや弾力が失われます。肌細胞が老化しシワやたるみが生じるので、いちご鼻の原因になるのです。紫外線(UV)が恐ろしいのは、肌への影響がすぐに出ないところです。日焼けや皮膚炎などの症状はすぐに表れますが、シミ、シワ、いちご鼻、皮膚がんなどの肌老化は、長年浴びた紫外線が蓄積されることで現れます。

 

その他いちご鼻の原因9:冷え

冷えというのは、人間のからだにとってよくありません。冷えは、からだの免疫力そのものを低下させてしまうので、肌にも様々なトラブルが出てくることになります。肩こり、便秘、生理不順などは、冷えによって起こりますが、肌にもよくありません。代謝が下がるので、いちご鼻などの肌トラブルの原因になります。冷え症は、女性特有の症状の一つですが、からだが冷えると、全身の血管が縮むことになります。血管が縮むと血流が悪くなり、代謝は低下します。代謝が低下するとからだはますます冷えることになり、栄養が行き渡らなくなります。細胞や臓器の働きまで低下するので、様々な肌トラブルが起こるのです。ニキビ、シミ、アザ、いちご鼻などができるのは、冷えが原因である場合もあります。代謝が悪くなると、肌の新陳代謝(ターンオーバー)の機能まで低下してしまうからです。上手く再生されなくなった肌は、古い角質が溜まるようになるので、ニキビや吹き出物ができたり、メラニン色素が沈着しやすくなります。冷えによって渋滞する血液に耐えられなくなると、毛細血管が破れて、アザになることがあります。

 

その他いちご鼻の原因10:便秘

便秘がちの人は、いちご鼻の症状が出てしまいやすくなります。思春期のニキビはホルモンバランスが主な原因となっていることが多いのに対し、大人になってできるニキビや吹き出もの・いちご鼻は、ホルモンバランスだけではなく、便秘体質が原因になっていることが多くあります。これは便秘によって体内に老廃物が蓄積するのと同時に、毒素も溜まってしまうことが原因です。体内に溜まった毒素が、毛穴へと流れてニキビや吹き出もの・いちご鼻としてお肌に出てくるのです。人間は食事をするたびに体内に老廃物が溜まり、順調に外に出すことで腸内環境を整え肌の状態も良くします。なので便秘がちの人は腸内環境も整っていなく老廃物や毒素を出す力も弱まっていますので、便秘によい食べ物を積極的に摂取するように心掛けましょう。便秘改善によい食べ物といえば発酵食品であり、その中でもヨーグルトやチーズなどの乳製品、納豆、または食物繊維が含まれているバナナやキャベツもあります。最近ではシリアルも麦や玄米、乾燥した野菜やフルーツも入っていますので、食物繊維が含まれており朝食でも手軽に摂取することができることから、牛乳やヨーグルトと一緒に摂ることで便秘の改善・解消の手助けにもなりますよ。

 

その他いちご鼻の原因11:糖化

糖化は、肌をコゲつかせて老化を招くと言われています。糖化と言うのは、いったい何なのでしょう。糖化というと、甘いイメージがあるので、なんとなく危機感が薄く感じられますが、非常に怖いものです。糖化は、パンを焼いたときにコゲるのと同じ現象なのです。コゲという現象が体内で起こるので、実に恐ろしい現象です。肌が糖化すると、透明なコラーゲンやケラチンが黄色や茶褐色に変化します。肌の糖化は、まさしく老化現象であり、パンが茶色くコゲるように、肌の色が変化してしまいます。徐々に肌がくすんで、コゲてしまうのが糖化なのです。身体を抗糖化させることが、糖化を防ぐことになりますが、糖を一切摂取しないことはできません。人のからだは多くのたんぱく質で形成されているので、糖を摂取すると糖化現象が起きます。問題なのは、糖化現象により、劣化したたんぱく質が体内に溜まることにあります。そのため、糖の摂取をやめて糖化現象を防ぐのではなく、糖化に強い身体をつくることが大切です。身体を抗糖化させるには、食事の方法を見直す必要があります。大切なのは血糖値を上げないことなので、食べるときは、まず野菜から食べ、肉やご飯はあとにすることです。それだけで、糖化を防ぐことができます。

 

●SCIENCE ●Google scholar ●J-GROBAL ●日本WHO
●日本ユニセフ協会 ●日本赤十字社 ●J-STAGE ●生命科学系データベース
●Nature ●Scientific American ●New England Journal of Medicine ●@コスメ